2018年06月30日

2019年度作品説明会



今年の開催は、灘区民ホール(6/28~29)。六甲道からのルート忘れて、結構歩いたかな。

むうの島﨑さん。やっとお会いしました。数年すれ違いで、やっと会えましたねと・・・十数年ぶりかな。

うりんこにいた頃の彼女だから。そして、グレコさんの娘さんも6才。(出会ったときは10ヶ月)

茂山一門は、童司さんが三世茂山千之丞を襲名。父を飛び越しましたと・・・

元気なみなさんにお会いしました。

みんなみんな頑張っている姿、広場も頑張らなくちゃね。





  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 06:37Comments(0)舞台鑑賞

2018年06月18日

火曜日のごちそうはひきがえる

     
 高学年・低学年と2週続きの例会

 今日(6/17)は人形劇団京芸の

 「火曜日のごちそうはひきがえる」

 ミミズクさんうますぎて怖かったね。

 最後のプレゼントもみんなミミズクさんへ

 渡せなくて、最後に勇敢な男の子が

 渡していました。ひきがえるのウォートン、帰りにサインしてくれました。書きにくそう・・・




  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 11:27Comments(0)舞台鑑賞

2018年06月11日

江戸糸あやつり人形

江戸糸あやつり人形は、江戸時代に生まれ、

江戸~東京を中心に伝えられてきました。

十本を超える糸と「手板」という道具であやつる

独自の構造を持ち、日本ならではの実に繊細で、

表情豊かな動きをします。

そんな「糸あやつり人形」の世界を楽しみました。

6/10(日)中央コミュニティセンターにて




9時の搬入に、仕込みが4時間。フリーランスの照明さんは、「牡丹灯籠」のおりも和歌山へ

こられたとか。その片腕で活躍したのが、順ちゃんでした。

上條さんは、人形遣いはもとより、話芸も素晴らしく、糸あやつりの世界にひきこまれました。



舞台終了後は、糸あやつりの体験も。送り出しは、暑気払いの為、お獅子が頭を噛んでくれました。

これで、今年の夏は大丈夫かな。






  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 08:28Comments(0)舞台鑑賞

2018年04月16日

稲むらの火


思わずふるさとキャラバンといってしまいそうですが、

生まれ変わった劇団は「ミュージカルカンパニーふるきゃら」

今日の舞台は「稲むらの火」 ご存じ濱口梧陵のお話し。

全労済主催で無料。もっと沢山の方に観てもらいたかった。

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 10:02Comments(0)舞台鑑賞

2018年02月12日

小さな っ が消えた日

 開演前に絵本の読み聞かせとジャンボカルタで遊びました。
 
 朝9時からの搬入は3団体みんなで。

 それにしても県文の搬入は大も小も大変。

 今日は(2/11)は風も強く、つり上げ作業はドキドキ。

 その作業は、プロの方々ですが・・・

 小道具を運んだり、簡単な組み立てのお手伝い、

 この裏方作業も、それなりに年期の入った私たちです。


 本番は休憩をいれた2時間。

 ためしに、小さなつをいれないでお話をしてみたら・・・

 やっぱり「き・み・が・ひ・つ・よ・う」なんだよ。
 

   

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 19:38Comments(0)舞台鑑賞

2018年01月23日

会議とお土産

 毎月1回わかば♪のお休みの日

市内の劇場・NPOの3団体で会議です。

そのときは色んなお菓子が登場。

ご存じ福井の「羽二重餅

そして期間限定「東京ばな奈パンダ」

行列してゲットしたレアものです。

 会議の内容は2月のミュージカル公演です。

小さなつが消えた日 ぜひお越し下さい。




  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 20:53Comments(0)舞台鑑賞

2018年01月08日

小さなつWS


ミュージカル「ちいさなつが消えた日」事前ワークショップ(1/7中央コミセンにて)

○おはなしのじかん(池田香弥さんの絵本の読み聞かせ。日本語特有のオノマトペって楽しいよね。)

○アートのじかん・そうぞうのじかん(art home FURARIの佐竹幸さん指導で つ を画用紙に書いてみる。その つ を使って言葉遊び。 いろんな つ ができあがりました。その後は言葉から感じるイメージを布を使って表現しました。)



あらすじは・・・
文字にもたましいが宿っている。どれもみんな、大事な一文字なんだ。五十音村の住人は今日も元気に仕事をしています。自信家の「あ」さん、笑いっぱなしの「は」さん、歌の大好きな「う」さん、頼りがいある「た」さんに、資産家の「し」さん、それぞれのキャラクターある文字たちが自慢話を始めていると、いっぱいしゃべらない小さい「つ」の話になり、音のない小さい「つ」は文字ではないとみんなにバカにされました。小さい「つ」は自分の存在がいやになり、家を飛び出します。走って走って……ひとりになって、出会ったものは…。
「き・み・が・ひ・つ・よ・う」
心が傷ついたとき、そんなメッセージが届いたら…あなたはどうしますか?

      
 ミュージカル「ちいさなつが消えた日」
 日時:2月11日(日祝) 15:30~
 会場:和歌山県民文化会館小ホール
 チケット:親子ペア 3000円(子ども/4才以上~中学3年)
       4才以上 2000円
 チケットは和歌山みなみ子ども劇場・和歌山こどもの広場・きのくに子どもNPO・県民文化会館

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 14:55Comments(0)舞台鑑賞

2017年11月26日

おはなしくじらのおもちゃばこ



 けんけんくじらさん来和。

 午前中、仕込みの北コミセン、

 隣は子育て広場開催中。

 こちらはみんなが帰ってからの

 午後1時半開演。

 その前に、

 観劇マナー(お約束)の練習。

 けんけんくじらさん

 楽しいひととき、

 ありがとうございました。
 
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 19:32Comments(0)舞台鑑賞

2017年11月21日

けんけんくじらがやってくる

おはなしくじらのおもちゃばこ

 11月26日(日)13:30~14:30

 北コミュニティセンター2F(3)

 未就園児と保護者(小学生でもOK)

無料(子どもゆめ基金助成事業)

 073(428)2411 要予約



  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 15:16Comments(0)舞台鑑賞音楽

2017年11月18日

シンドバッドの冒険

 わらび座ミュージカル
 「シンドバッドの冒険」
 海南市民交流センター

 見に行きたかったけど

 広場があって断念。

 娘家族が観劇。色紙までいただい

 て、わらび座のみなさん

 佐東さんありがとうございました。
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 19:03Comments(0)舞台鑑賞

2017年10月15日

さんびきのやぎのがらがらどん



人形劇団とんとの「さんびきのやぎのがらがらどん」

朝6時半に福井・越前市を出発して10時半和歌山到着。搬入をおえ仕込み1時間。13時半開演。

おなじみの絵本ということもあってたくさんのお友達が見に来てくれました。

ちょっっと怖いトロルが出てきて泣いてしまったお友達。

ママの所に走ってきて抱きしめてもらっていました。

とんとさんとは、何年ぶりでしょう。ひがし子ども劇場時代、県立補助体育館のお祭りの時でした。


最初のあいさつと最後のプレゼント、しっかりお当番出来ました。


  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 17:28Comments(0)舞台鑑賞えほん

2017年10月02日

ラインの監視


 舞台は1940年の晩秋。
女主人ファニーとその息子、黒人の執事と家政婦のフランス女、そしてルーマニアの亡命貴族夫妻。
 そこへドイツ人に嫁いだファニーの娘サラが、 3人の子供と夫を連れ20年振りに帰ってくる。
 しかし、ナチスドイツ大使館とも通じる亡命貴族テックはサラの夫クルトの素性を怪しみ、彼が手配中の反ナチ地下運動家であることを突き止める。そこに届いた長距離電話はクルトの同士であり、地下運動家リーダーが逮捕されたという知らせで…。(劇団HP)


劇団昴「ラインの監視」観てきました。

ほーちゃんがもう一度観たいというので、しっかり観なきゃと思いながら・・・

でも一部は少しウトウト・・・これでは駄目だと2部はしっかりと観ました。

昴は大好きな劇団。台詞が明瞭で・・・それが嫌いという方もいるらしいけど、

お芝居で台詞がわからなかったら台無しだと思いますが・・・

子役の男の子、可愛かった。それにうまかった。彼がしっかりしなきゃ全体がダメだよねという感じ。

みんな背筋がのびていて、それが生き方にも通じていて、前を向いて進む。見習いたい。

懐かしい方々に会えるのも、演劇鑑賞会。ホーちゃんは粉川ふるさとセンターにも行くらしいです。




  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 16:10Comments(0)舞台鑑賞

2017年09月09日

だるま食堂

だるま食堂の日替わりコント定食

笑いました。

ダイアナの
ルーシーの
マリアの
だるま食堂

本日のお品書きは4品。回転寿司楽しかったね。

デザートは「ボインボインショー」ちょっとハードだったかな。

久しぶりに大笑いしました。

(写真)当番はきのP。プレゼントは紀州梅干しでした。



  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 21:49Comments(0)舞台鑑賞

2017年07月13日

久しぶりの更新です

 一ヶ月ぶりなので、今日から過去にさかのぼりますね。

 わらべうたや舞台鑑賞は次回詳しく。ともかく一ヶ月ぶりの更新です。

 7月13日(木)子育てママのマネー講座

 「家計の節約術」

 iDeCoとNISA のこと、保険のこと

 受講生の質問に的確に答えるのは

 ファイナンシャルプランナー荒井さんでした。

 



 7月9日(日)劇団風の子九州

 「やだやだのあっかんべー」

 お出迎えはきのPの力作。

 プレゼントも素敵でした。








7月1日(土)

七夕飾りをつくろう










 6月29日(木)30日(金)

 2018年度作品説明会in大阪ドーンセンター

 創造団体は多かったのに、

 劇場側が少なかったのかな。

 会場がドーンと小さくなっていた。




 

 

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 21:41Comments(0)舞台鑑賞わらべうた

2017年03月16日

ロはロボットのロ



8時20分終演。

役者さんたちはロビーで送り出し。

その間に客席に残ったみんなで、

劇団の方の指示でバラシ。

荷物をトラックに積み込み、

楽屋の鍵を事務所に返したのが9時29分。

市民会館終了9時30分までなので

セーフと拍手のほーちゃん。

プレゼントは橋口木工所制作の紀州ひのきの靴ベラ。

みんな本当にありがとう。とてもすてきな舞台でした。

テトが生き返った時(ロボットだけど)うれしくて泣いてしまった○○くん。みんなもらい泣きしてしまいました。

一生懸命歌った「テトのパンはあ」勇気と元気をもらいました。




  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 21:34Comments(0)舞台鑑賞

2017年03月16日

ロはロボットのロ

♪♪テトのパンはあ♪♪カーテンコールは和歌山の子どもも大人も一緒にうたいました。







久しぶりの市民会館小ホール。その前もこんにゃく座の「森は生きている」でした。
13時搬入。舞台に楽屋に荷物を運んで、後は劇団の方が仕込み。
私たちはロビー移り、ロボットの飾り付け。
開場前にプレゼントを渡す練習。座席から舞台にあがる練習と歌の練習も。
さあ開演です。







  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 21:02Comments(0)舞台鑑賞

2017年03月11日

もうすぐ本番



 
オペラシアターこんにゃく座「ロはロボットのロ」3月15日が近づきました。

 コックさんの帽子やエプロンも完成しました。

 
 舞台上でピストルの火薬・スモークマシーンをたくので、消防署にも久しぶりに行ってきました。

 その前にいったのは、まだ和歌山城西の丸にあったときだから、いつだったんだろう。

 今回の当番はわかば♪だけど、きのPとみなみにもお願いして市連 総動員です。


 ということで
 15日(水) わかば♪はお休みです。 16日遊びに来てくださいね。



  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 23:26Comments(0)舞台鑑賞

2017年03月07日

演劇大学空の村号

 2007年開講の演劇大学も10年目。

今回は和歌浦アートキューブで、リーディング公演「空の村号」2日間4回公演。

2月演劇鑑賞会の例会で、「ロはロボットのロ」公演の宣伝に立っていたとき、お隣で元気に

宣伝していたのが「空の村号」主人公 空くんを演じる和大生の小切さん。

それでホーちゃんと私、思わずチケット購入してしまいました。(彼女はロボット買ってくれましたicon06

 昨年8月劇団仲間の「空の村号」。裏方に徹していたので、

今回のリーディングで内容がしっかり入ってきてリンクしました。

東日本大震災を語り継ぐことの大切さ、それにはリーディングはぴったりだなと思います。


 実は娘は演劇大学一期生。当時から指導してくださる、文学座の加納さん・青年劇場の佐藤さんと

あえてうれしかったようです。子育てが一段落するまで、演大続けてくださいね。







  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:24Comments(0)舞台鑑賞

2017年03月06日

ロはロボットのロ



3月15日本番に向け、最後の歌の練習。低高のパートわけや、並び方。(3/5中央コミセン)

当日17時まで来れる方は、実際に舞台に立ってリハーサルします。

学校や仕事で無理な方は、それまで練習してくださいね。







ロボットも当日会場に飾ります。

歌う方はコックさんの帽子忘れないでね。大人は当日渡します。


 久しぶりの市民会館小ホール。でもその前に県文小ホールの抽選にいったのが一年前。

無事に会場押さえ、使用料を払った後、下手が狭くて、舞台装置の転換ができないと劇団から。

それで市民会館に変更。もちろん日曜日があいているわけでもなく、空いていた水曜日に変更。

いままで数ある舞台をやってきたのに、下手が狭いとはじめて気付いた私たち。

確かに狭いけど、今までも舞台転換やってきたし・・・

(あとで聞いたのは、能舞台仕様とか・・・ほんと?)

座席の数、県文小300α・市民小600α・・・チケット売らなきゃ空席が目立ちすぎる。

それからみんな頑張りました。カーテンコールの歌の練習・ロボットづくり・コックさんの帽子作り。

まだまだチケットありますから、興味のある方は電話してくださいね。

428-2411和歌山こどもの広場

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 21:02Comments(0)舞台鑑賞

2017年02月23日

テトのパンはあ



3月15日本番へ向けて、カーテンコールで歌う「テトのパンはあ」練習(2/18 T-LABOにて)

音響がいいのか、素晴らしい歌声、明日本番でも大丈夫な迫力がありました。

帽子づくりや、ロボットづくり。次回は3月5日(日)10:00~中央コミセン3F。


お昼からはスタッフ総出で、大人の帽子とエプロン作り。

チケット販売中 4歳~大人 2000円
            親子ペア 3000円
(3歳以下で座席必要な場合はチケット購入してください。お膝の上なら無料です。)




  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 19:58Comments(0)舞台鑑賞