2017年12月17日

コウノドリ

的場優香さん編集のこちらの本が先にでましたね。

今回のコウノドリ、小物ばかりに目が行ってしまいました。

この本もさりげなくいろんな所に・・・

そして、りょうさん演じる親子の枕元には、

長谷川義史+室井滋さんの「しげちゃん」が・・・


先日NHKで放映された「ダウン症のない世界?」。

出生前診断の精度が上がった結果、

イギリスではダウン症の子どもが生まれる確率が高い場合、90%の女性が中絶を選ぶ時代に

なっています。番組の主人公のサリーの11歳になる息子はダウン症。息子がいることが幸福と

感じているのに、世の中はダウン症を排除する方向に世界が向かっているのではないか?

それより驚いたのは、医療関係者がすすめる中絶はなかば強制で、産むことを選択する

勇気なんてもてないよね・・・イギリスだったら○○ちゃん、産れていなかったかもと

思ってしまいました。

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:32Comments(0)徒然☆rikotan

2017年12月12日

コウノドリ★出生前診断


 「コウノドリ」10話 

 12月15日(金) 夜10時から

 今回のテーマは

 「生まれること、そして生きること」

 そう、出生前検査(診断)

 〜命についてすべてのこと〜



ゲスト出演にはダウン症児の山田楽士(がくと)くん。

そしてそのママ役にはダウン症のお子さんがいらっしゃる奥山佳恵さん。

前回は18トリソミーの赤ちゃん(今回の1話で出演してましたね)

そして今回は21トリソミー。頑張って産れてきた赤ちゃんに「おめでとう」といいたいです。

出生前診断に2組の夫婦が・・・きっと真逆な結果になるのかなあ。

○写真の子育て手帳「+Happy しあわせのたね」は、ダウン症のあるお子さんのための母子手帳の役割を果たす手帳です。 穏やかに前向きに子育てができるように、よりすぐりの情報がつまっています。(JDKが作成) コウノドリのどこかできっとでてくると思います。

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 23:56Comments(0)徒然☆rikotan

2017年11月11日

コウノドリ

コウノドリのモデルは、りんくう総合医療センターの荻田和秀先生。

そして撮影している所は、神奈川県立こども医療センター。監修にも携わっているのは豊島先生。

そのブログがこちらです。がんばれ!小さき生命(いのち)たちよ

5キロになったので、手術が待っている○○ちゃん。色んな思いがリンクする「コウノドリ」です。

みんな頑張れ!




  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 21:35Comments(0)徒然☆rikotan

2017年11月07日

七五三

 三歳の七五三、熱田神宮にお詣り。(11/5)

 着物は古典柄から選んでお仕立て。

 帯はママの七五三の時つけていたもの。

 ママの着物はママのママのお着物。

 お宮参りに七五三に・・・

 そのたびに反物がよみがえります。

 おばあちゃまが着物道楽だったとか
 (買い物依存症ですと、
 突っ込みがはいりましたが)

 成長していく喜びを大切にしていきたいですね。
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 15:19Comments(0)徒然☆rikotan

2017年11月01日

運動会&ハロウィン


遠くのみんなicon064人の孫達、元気ですよ。
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:27Comments(0)徒然☆rikotan

2017年10月30日

京博


ハッシー理事長の京都みやげ。

平日にも関わらす(26日木曜日)80分まちだったそうで、京都博物館で国宝を愛でた一日。

いつもお土産ありがとう。

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 16:17Comments(0)徒然☆rikotan

2017年10月05日

カテーテル検査

 手術着に着替えてカテーテル検査へ。

 満面の笑みの○○ちゃん。

 手術室に入る前に、シャッターきる祖母。

 振り返って(ピースまではしないけど)立ち止まっ

 てくれるドクター。(悲壮感なし)

 手術前の検査入院で2泊3日。

 これでOKでたら、いよいよ心臓手術。心臓のほとんどが穴というから凄いでしょうというしかない。


 併設のファミリーハウス泊・・・一泊1500円(1歳以上)だから、電車代より安い。

 ダイニングルームは、調理器具や食器がそろっていて、料理作っている方も。

 部屋で食べても良いのだけど、こちらの方が快適で、食事時は賑わっていました。

 とはいっても、誰かが入院していなくては泊まれない。そして入院しているのは子ども。

 みんなも泣いている場合じゃない。前をむいて歩いていくのみ。

 来週から「コウノドリ」始まるけど、

 産れるってこと・・・奇跡だと思わずにはいられません。
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 20:55Comments(0)徒然☆rikotan

2017年09月02日

満足満足


(まんぞくまんぞく)


泣いてきた妹にミルクを飲ませているお兄ちゃん。

真剣な顔がほほえましいface02

もうすぐ5ヶ月。首はなかなかすわらないけど

ゆっくりゆっくりと成長しています。
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:23Comments(0)徒然☆rikotan

2017年07月19日

お宮参りとお食い初め

  7月16日(日)今日で99日目。

 お宮参りは日前宮。

 お食い初めはちひろでしました。

 やっと3200g。感無量です。

 5キロになったら、本格手術。

 頑張れ!







  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 16:21Comments(1)徒然☆rikotan

2017年06月05日

校庭に東風吹いて

 場面緘黙症の女の子、貧困におちいった親子。

映画「校庭に東風吹いて」見てきました。

 以下原作者の言葉です。

学校で声を出せない子、満足に食事をとれない貧しい家庭の子、さまざまな問題が子どもたちの中に

渦巻いています。このままでは、子どもは未来だという言葉が泣きます。

私たちは、納得できる未来を子どもたちに手渡せるのか、否か。

その岐路に立たされている気がします。

子どもは未来を担う宝だと胸を張って言うために、いま、私たちにできることは何でしょうか。

声なき声を聴きとり、不安や哀しみを共有する。

社会全体の問題として子どもの問題に本気で取り組む。

それが、苦しい現状を切り拓き、豊かな未来へと近づく道なのではないでしょうか。

原作者:柴垣文子(しばがきふみこ)
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 15:26Comments(0)徒然☆rikotan

2017年05月30日

退院しました


退院しました。19日手術、27日一時帰宅29 日病院へ帰ると「大丈夫だから退院です」と。

退院と聞いていなかったので大慌て。一日泊めてもらって、今日退院しました。

これからも一週間に一回の通院はありますが、やっと日常生活が帰ってきたという感じです。



母子医療センターの玄関を入ると、子どもの遊びスペースが。

そして入院患者用のスペースは、USJ使用。

先日はUSJの人気キャラクターがいっぱい遊びに来てくれたそうです。



  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 20:12Comments(1)徒然☆rikotan

2017年05月17日

その後

 心配いただいたその後です。

 連休は初めての外泊。

 みんなでお祝いしました。

 連休明け、病院に帰ると、たった4日間の間

 にたくましくなった。これなら手術できるという

 ことで一時退院。

 あらためて明日再入院、手術です。

 
 お兄ちゃんは保育園から帰ってくると、今までは「じいじ」が一番でしたが、今は妹が一番。 

 「ただいま」と頭をなでなでしています。

 手術はこらから何回か続く予定。そのための体力作りがこれからの課題です。

 みなさん、いろいろありがとうございます。頑張っていますよ。

  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:06Comments(0)徒然☆rikotan

2017年04月22日

新しい命

 3月終わり、娘は産休に入り、これからゆっくりマタニティライフをと思っていた矢先、

4月9日陣痛がきて一ヶ月早く女の子が誕生しました。5日間ママと一緒に産院の保育器で過ごして

ママの退院で赤ちゃんは日赤へ。大きくなるのをゆっくり待とうという楽観的心境でしたが

すぐに日赤から大阪母子医療センターへ。怒濤のような毎日でした。

  上の子を保育園に送り、その足で電車に

  乗って母乳を届け、

  保育園のお迎えに間に合うよう帰宅。

  身体を大事にしなきゃいけない時期ですが

  どちらの子どもも大切にしたいからと

  頑張っています。

  応援するよ!といってくれてるみんな

  ありがとう。そしてよろしくね。

  
  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 20:35Comments(1)徒然☆rikotan

2017年03月01日

おひなさま



 三番目の孫の初節句。

 着物は江戸中期から大正時代
 
 の古裂を使用。

 お姉ちゃんのおひな様と

 並んでおすまししています。


  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 20:26Comments(0)徒然☆rikotan

2017年01月01日

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

年末は息子娘とも相手のお家で過ご

したので、何年ぐりの夫婦二人の

お正月でした。

いただいたお節はなかなか食べきれ

ず、日前宮へ初詣も夫婦二人で

年があけて、そろそろみんなが

我が家へたどり着きそうです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 14:03Comments(0)徒然☆rikotan

2016年10月02日

おかあさんといっしょ

 おかあさんといっしょに行ってきました。

 前に見たのは10年ぐらい前かな・・・?

 それも大人二人でface03

 子連れじゃないのでお土産もなかった。

 それにしても体操のお兄さんの体力

 全然おちていない。

 ますますパワーアップの感。

 テレビ放映を意識してかキャラクター衣装の

 子どもたちも。

 前から三番目の席で私はかぶりつきで楽しかったけど、孫自身は良く見えなかったかも。

 でも音楽に身体を揺らして、拍手して、ちょっぴり踊って、帰り道はぐっすりでした。




 

   

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 07:15Comments(0)徒然☆rikotan

2016年08月23日

出かけてみませんか



■上野ICより車で3分、3目交差点の次を右折200m
■上野市駅より徒歩8分、寺村清雅堂(登録文化財)前


   

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:18Comments(0)徒然☆rikotan

2016年08月16日

ベニーちゃん


 お城の動物園はこの暑い中、結構な人出。

入ってすぐのベニーちゃん。久しぶりに見たわ。外に出て踊っていた(背中が痒かったのかな・・・?)

ペンギンさんがお魚もらったりと、食事の時間とも遭遇して楽しかったよ。

昨日みんなが帰って、いつもの時間が。とても静かです。


  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 13:40Comments(0)徒然☆rikotan

2016年08月10日

夏まっさかり

 ぶんだらに参加しなくなって8月最初の

 土曜日は、中央コミセンで市民公開講座。

 そして日曜日はキッズ連に参加する

 ○○ちゃんのヘアーメイクに

 ハッシー理事長が得意の腕を披露。

 
 毎日本当に暑いですね。

 月曜日、お墓詣りに串本へ。

 掃除しながら、このままいったら熱中症かもと途中で断念。

 入り口から遠いし、広いし、もっと入り口近くで狭いところで良かったのにと文句ブツブツ。

 誰も住まなくなって10年以上の家にたどり着いて、ソファーに寝転んでしまいました。

 多分すごく汚れていると思うけど。

 そして火曜日は病気明けの孫の相手。

 熱が下がって一日は保育園は休んだほうが良いというので。

 夏バテしないよう頑張りましょうね。  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:12Comments(1)徒然☆rikotan

2016年08月01日

初宮参り

 息子夫婦の次女のお宮参りとお食い初め。

 写真を撮ったあと、熱田神宮へ。ここまで意外に早く終わ

 ったので、お昼までが長かったこと。

 熱田神宮内の休み処にて氷ぜんざいを食べても

 まだまだ時間はいっぱい。 

 そのあと予約している「なだ万」へ。

 1時半の予約しか取れなかったのが

 原因ですが。時間まで名古屋東急ホテルの

 ロビーで待っていた私達でした。



 それでも最初の時と違って、みんな肩の力が抜けている感じ。

 写真はじいじと喋っている所をパチリ。良い感じでしょう。





  

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 10:01Comments(1)徒然☆rikotan