2017年03月07日

演劇大学空の村号

 2007年開講の演劇大学も10年目。

今回は和歌浦アートキューブで、リーディング公演「空の村号」2日間4回公演。

2月演劇鑑賞会の例会で、「ロはロボットのロ」公演の宣伝に立っていたとき、お隣で元気に

宣伝していたのが「空の村号」主人公 空くんを演じる和大生の小切さん。

それでホーちゃんと私、思わずチケット購入してしまいました。(彼女はロボット買ってくれましたicon06

 昨年8月劇団仲間の「空の村号」。裏方に徹していたので、

今回のリーディングで内容がしっかり入ってきてリンクしました。

東日本大震災を語り継ぐことの大切さ、それにはリーディングはぴったりだなと思います。


 実は娘は演劇大学一期生。当時から指導してくださる、文学座の加納さん・青年劇場の佐藤さんと

あえてうれしかったようです。子育てが一段落するまで、演大続けてくださいね。









同じカテゴリー(舞台鑑賞)の記事画像
火曜日のごちそうはひきがえる
江戸糸あやつり人形
稲むらの火
小さな っ が消えた日
会議とお土産
小さなつWS
同じカテゴリー(舞台鑑賞)の記事
 火曜日のごちそうはひきがえる (2018-06-18 11:27)
 江戸糸あやつり人形 (2018-06-11 08:28)
 稲むらの火 (2018-04-16 10:02)
 小さな っ が消えた日 (2018-02-12 19:38)
 会議とお土産 (2018-01-23 20:53)
 小さなつWS (2018-01-08 14:55)

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 09:24│Comments(0)舞台鑑賞
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。