2018年01月08日

小さなつWS


ミュージカル「ちいさなつが消えた日」事前ワークショップ(1/7中央コミセンにて)

○おはなしのじかん(池田香弥さんの絵本の読み聞かせ。日本語特有のオノマトペって楽しいよね。)

○アートのじかん・そうぞうのじかん(art home FURARIの佐竹幸さん指導で つ を画用紙に書いてみる。その つ を使って言葉遊び。 いろんな つ ができあがりました。その後は言葉から感じるイメージを布を使って表現しました。)



あらすじは・・・
文字にもたましいが宿っている。どれもみんな、大事な一文字なんだ。五十音村の住人は今日も元気に仕事をしています。自信家の「あ」さん、笑いっぱなしの「は」さん、歌の大好きな「う」さん、頼りがいある「た」さんに、資産家の「し」さん、それぞれのキャラクターある文字たちが自慢話を始めていると、いっぱいしゃべらない小さい「つ」の話になり、音のない小さい「つ」は文字ではないとみんなにバカにされました。小さい「つ」は自分の存在がいやになり、家を飛び出します。走って走って……ひとりになって、出会ったものは…。
「き・み・が・ひ・つ・よ・う」
心が傷ついたとき、そんなメッセージが届いたら…あなたはどうしますか?

      
 ミュージカル「ちいさなつが消えた日」
 日時:2月11日(日祝) 15:30~
 会場:和歌山県民文化会館小ホール
 チケット:親子ペア 3000円(子ども/4才以上~中学3年)
       4才以上 2000円
 チケットは和歌山みなみ子ども劇場・和歌山こどもの広場・きのくに子どもNPO・県民文化会館



同じカテゴリー(舞台鑑賞)の記事画像
おはなしくじらのおもちゃばこ
けんけんくじらがやってくる
シンドバッドの冒険
さんびきのやぎのがらがらどん
ラインの監視
だるま食堂
同じカテゴリー(舞台鑑賞)の記事
 おはなしくじらのおもちゃばこ (2017-11-26 19:32)
 けんけんくじらがやってくる (2017-11-21 15:16)
 シンドバッドの冒険 (2017-11-18 19:03)
 さんびきのやぎのがらがらどん (2017-10-15 17:28)
 ラインの監視 (2017-10-02 16:10)
 だるま食堂 (2017-09-09 21:49)

Posted by 和歌山こどもの広場(わかば) at 14:55│Comments(0)舞台鑑賞
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。